すべて

フォトスタジオジェム大阪が運動会の撮影方法を教えます

 

今日は一分でストレスを解消する方法

 

という興味のある記事を見つけたので紹介します。

 

ストレスは時間がある暇なときにやってくるものではありません。

 

だから、時間がなくてもできるストレス解消法を専門家に教えてもらいました。

 

・心が落ち着く写真を見る

綺麗な風景や海の写真でも、愛犬の写真でもなんでもいいので、

心が落ち着く写真を眺めてみましょう。

きれいなものを見ていると、実際に脳も変化します。

写真を見ることで、今この瞬間に意識を向けることもできるし、

逆に意識をここではない別のところに向けることもできます。

 

・感謝する

自分が健康で、家族や仕事があることを改めて感謝しましょう。

自分が感謝していることのリストを作っておいてストレスを感じたときに見返せるようにしましょう

 

・音楽をでひとりで聴く

クラシックのバッハでも洋楽のアデルでもなんでもいいので好きなものを聴きましょう。

音楽はストレスを減らしてくれます。

歌を聴くことで楽しかった思い出を呼びおこしたり、呼吸とからだをシンクロさせたりすることができます

 

・耳をマッサージする

耳には経穴(ツボ)がたくさんあるので、耳をやさしくさすることで全身の緊張をやわらげることができるのです。特に耳のうしろと頭の間の皮膚が折れた部分を念入りにやるとよいでしょう。メガネをかけている人やパソコンの前で長時間すごしている人はこの部分をマッサージしてあげるのがおすすめです。

 

これは私も使えそうなのがあったので使ってみようかなと思いました。

 

みなさんもよかったら使ってみてくださいね!!

 

 

さて、暑さも落ち着き、もう9月の半ば!!

そろそろ運動会が近づいていますね!!

 

 

運動会の写真撮影は、本当に難しいと沢山の方が頭をかかえます。

 

よく考えたら当然のことですが、被写体である子どもはこちらのことは

まったく気にせず動いています!!

普段の撮影のように親の都合で

子どもにカメラ目線の笑顔を作らせるということはできません!(笑)

 

 

動いているものを撮影するのはとても難しいです。
しかし、その中の一瞬でベストショットが撮れた時は本当に素晴らしい写真になります☆
できるだけ、良い写真が撮れるように次のポイントを押さえておきましょう!

 

フォトスタジオジェム大阪が運動会の撮影方法を教えます!

 

まずは、

 

・位置を把握する

単純ですが意外と忘れがちなのが、位置を把握するということ!!
運動会はぶっつけ本番でやるところはありません。
必ずクラスごとに練習をして、全体練習を行っています。

 

子どもが100m走に出るなら何番目の何コースで走るのか?
スタートはどこで、ゴールはどこなのか。

絶対に決まっているはずなのに、知らない方が多いのです。

始まってから移動するのでは遅いですよ!

必ず子どもに当日どんな動きをするのか聞いておきましょう♡

 

 

・場所を把握する

運動会は場所取りが全てと言っても過言ではありません。
最初にシートを敷いて、そこから動かないのでは良い写真は撮れません。

徒競走はゴール前が1番の撮影ポイント!!
子どもがゴールテープを切る姿は記憶にも記録にも絶対残したいところ。
自分の子どもが第一走者でなければ、その前に走っている子どもを撮影して

ポイントを整理してみましょう。

 

 

・連写で撮る

運動会は動いている被写体を撮影します。
見て動きを追いながらシャッターを切るのではタイミングが難しいです。

今のカメラは大抵のものが連写できるようになっています。
シャッターは押しっぱなしで撮り続ける方が間違いありませんね!!
今はデジタルカメラで撮影したものを液晶で確認することができます。
連写で撮り続け、後から一番良いものを選ぶのもいいかもしれません!!

運動会は子どもたちの主役の場です。

一生懸命に頑張っている子どもの写真はいつ見てもステキ!

撮影側に回って家族全員の写真が少ないと感じたら、

ぜひフォトスタジオジェム大阪でも

家族写真を撮影しにきてくださいね!