成人前撮りシーズン!振袖の袖が長い理由をフォトスタジオジェムが教えます!

 

 

 

こんにちは☀

 

 

来年度、成人式を迎えるみなさま!!

 

お振袖も決まって、前撮りももうお済の方もおられますよね♡

 

一生に一度しかないお子様の大切な成人式!

 

お父様もお母様も

とても楽しみにされていることでしょう(*^_^*)

 

お振袖はなにいろにしましたか?

 

 

今は、『ママ振り』、『姉振り』といってお母さまやお姉さまが

つかっていたお着物を着られる方も多いです!

 

 

古典柄がお好きな方は、昔ながらの柄、和柄のほうが好みと

いう方もおられます。

 

 

帯や小物、ちょっとだけ変えるだけでも全然変わってきます♪

 

 

 

もちろん後撮りをされる方もおられます♡

 

 

まだの方は是非!フォトスタジオジェムへ(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

さて、みなさん、あまり考えたことないかもしれませんが、

 

 

着物の中でも、そでの長いお振袖!

 

 

お振袖の袖がなんで長いのか、しっていますか?

 

 

 

 

日本の民族衣装である「着物」

 

年齢だけでなく大人でも未婚や既婚など立場によって形状が違いますよね♡

 

 

振袖は、成人式や卒業式で多く着用されています。

 

 

色や柄が豊富で長い袖が特徴の振袖!

 

 

いろいろな説がありますが、最も多く言われているのが江戸時代に

男性が女性へ告白をする際に女性は

「好きなら袂(たもと)を左右に振る」

そして、「嫌いであれば袂を前後に振る」という仕草で

意思表示をしていたそうです!

 

 

着物は「動きにくい」という特徴もありますが、

そんな中で「袖を振る」仕草というのは、

女性らしさを強調するだけでなく振袖をより美しく引き立てているのです♡

 

 

アニメやドラマでよく見るあのかわいいしぐさ!

 

 

それはそこからきてるんでしょうかね♪

 

 

 

 

また、振袖は未婚女性の恋愛に関係しているだけでなく、

厄払いの意味もあるそうですよ。

 

 

女性の本厄は19歳が最初にあり、ちょうど成人式の前の年にあたりますね。

 

 

そのため、袖を振ることで厄を払い、身を清めるという意味で「成人式」で着る振袖は

長い袖となっているそうです\(◎o◎)/

 

 

他にも成人式にはネックレスやネクタイなど長いものをプレゼントしなさい!と

いいますよね!それもそういったとこからきているのでしょうか♡

 

 

 

 

いかがでしたか?少し参考にしていただけたらうれしいです♡

 

 

意外と簡単な理由で今の時代でもすんなり受け入れられる

理由になってますよねヽ(^o^)丿

 

 

こうして理由をしっておくと、また違った気持ちで

よりいっそう特別な日になりそうですね!

 

 

みなさんの一生に一度しかない大切な1日が

素敵な1日になりますように★

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

月別記事